--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-29

冬から春へ

あぁ、 フィギュアの世界選手権も 今日で 終了。 あと3日で 4月だ。 今日から 夏時間に変わった

ヨーロッパ。 まさしく 春の訪れ。 いやぁ ゆづなんどにとって 冬は憂鬱な季節なのだけど

今年は違った。 オリンピックイヤーだったからかな。 スポーツはやらないゆづなんどだけど

フィギュアに関しては 自分も呆れるほど クレイジーになっちゃうからね。

去年の暮れの 全日本選手権からだもんね 夢中度が 増して来たのは。 この全日本は

驚いた。 昔のゆづなんどなら 絶対見なかった。 フィギュアは欧米の専売特許。 日本人選手は

いつもあと一歩で 自爆。 だから 見ないが常だったんだけど。

いつの間に 日本人選手 こんなに技術を 実に付けたのだろう。  はっきり言って 欧だの米だのの

選手権見るより 断然見る価値のある選手権だった。 こんなレベルの高い選手権を勝ち抜いた

選手達なら 世界のトップクラスに 引けを取らない。 いやいや 世界のトップクラスだよ 彼ら自身が。

もうこれから ゆづなんどのフィギュア大好き心に火が付いた。

グランプリファイナルを経て オリンピックだもんね。 あぁ感動の2週間。

そして トリノの世界選手権。  今 ホンと 自分が情けなくて 落ち込んでる。

なぜって こんなに 日本人選手が 頑張っているのに 列車で 数時間で行けるとこなのに

たった1日しか 時間を割けなかったこと。 それも全て 仕事のせい。 正直 時給制なんだから

出なければ出ないで 給料が少なくなるだけ。 ゆづなんどは そんなことどうでもいいのに

このクソ職場のせいで 大好きなフィギュアも 満足に見れないなんて。

3月の上旬にチケットを取ったけど あの時点なら 女子もエキシビションも余ってたはず。

そこで何で1週間休ませて!って 言えなかったんだ。 あぁ なんでゆづなんどの人生は

他人に遠慮してしまうんだろう。  あぁ マジで 悔しぃ。 そもそも 生きてく為には 働かなければいけない。

だけど そんなに働くだけ働いて 自分へのご褒美さえも 我慢しなくてはいけない。

ここ数日 自暴自棄。 職場のメンバー達とも 話するのすら 苦痛だ。

職場にいる間も 女子のプログラムは どんどん進行中だってのに 働いてる自分に腹が立つ。

来年の世界選手権は 東京開催だ。 また 時差で朝まで寝れない日が1週間かぁ。

国際大会、欧州開催なら 休暇を取って 見に行きたいけど また 冬のシーズン真っ盛りだから

あり得ないな。 あぁ こうなったら 職場ヤメてやりたい。

ゆづなんどの 唯一の楽しみなんだからね。

日本でのフィギュアの国際大会開催が多いカラクリ、 今回で分かったぞ。

チケットが べらぼうに高額だから。  しかも その高額チケットが すぐに完売する数少ない国。

試しに2007年に 東京で行われた世界選手権のチケットは一番高い席で 17000円。

安い席で5000円。  今回の トリノ ゆづなんどの席は まぁまぁ良いほう。

1階席で 階段を数段降りたら 高橋選手にプレゼントを 放り投げることができた。

東京だと 12000円の席と 同じと思う。 それが 33ユーロ。 日本円で約5000円だ。

何この差は。 一番安い席だと 13ユーロ。2000円くらいか。

そりゃ 日本で開催すれば スケート連盟の 奴ら 大儲け。 公式パンフレットは

トリノでは 5ユーロ。 750円。 日本だと 2000円は 取るだろうか。 

まさにやりたい放題。 それで 完売でしょう。 そんな高額なお金を払って見に行っても

技術の無い選手が アホらしい 点数もらって 優勝しちゃうから 日本のファンを 馬鹿にするにも程がある。

今回 トリノで ゆづなんどの見た 男子SPという プログラムは 正直 席はガラガラ。

近くの幼稚園児やら 障害児童が 先生に連れられて 無料のイタリア国旗で イタリア人選手の応援に。

日本では考えられないわ。 それだけ 日本のファンは 甘く見られてる。 

ゆづなんど 許せないよ。 こういうの。

世界選手権が終わって フィギュアシーズン ひとまず 終了なんだよね。

だから フィギュアファンの 採点への怒りも ほとぼり冷めそうな 感じだけど

ゆづなんどは 見ていて 心から楽しめるフィギュアに なるように これからも 宣伝活動

続けて行きます。

2010-03-26

ビバ! トリノ!!!

行って来たぁ。 トリノ。 今 ゆづなんどの 脳裏には スケートが すすぅーと 氷を削る音が

焼きついていますよ。 朝の6時に家を出て ミラノに着いたのが 9時半。 何でいつもあの駅は

あんなに人が一杯なんだ? 切符売り場、 数え切れないほどのブースがあるのに係員はいない・・・

奴ら 30分おきに コーヒー飲みに行ってやがるな・・・ トリノまでの切符を買うのに 30分は

並ぶ覚悟はできてたけど 珍しく15分だけ。 これ幸い。

トリノ行きは 11時ちょっと過ぎに出発。 しかし 何で 不必要に 列車の窓は 汚いのだろう?

イタリア国鉄のお偉いさん方、 一度 日本に視察に行って 列車に乗って欲しい。

トリノ着くまで 外は雨でも降ってるのかと思ったよ。 列車降りたら 天気良かった・・・・

窓汚くて 外の景色 見えなかった。 

ホテルは駅近で 便利だったけど すごぉく 男性陣には 誘惑が多い地区。

ホテルの角に 黒髪で ミニスカート、 ハイヒールを 履いた女性が 立っていました。

後ろ向きで。 ここが ミソ。 振り返ったら・・・・・  見なきゃ良かった。

大きなのどぼとけ。 ガラガラ声。 「 チャオ!」 とか 言ってるよぉ・・・・

そういう趣味の方の為ね・・・・   あと 服装は20代なんだけど 明らかに ソフィア・ローレンみたいな人も。

激安ホテルだけど 部屋は良かったぁ。 ジャグジーまでついてたんだから。

ちょいと興奮してよく眠れなくて 朝を迎えました。 

会場のパラベラ。 中に入ると 天井に 荒川さんの 大きな垂れ幕が あったよ。

日本組登場は 午後で 途中 ランチを 挟んで。 

小塚くん、 落ち着いてたぁ。 ゆづなんども 日本の旗 思い切り振ったよぉ!

織田くん、 緊張してたのかなぁ。ジャンプが決まらなかった。 残念・・・・

さて 我らが 高橋くん、 ゆづなんどの 後ろに座った ドイツ人カップルも

「 タカハシ、良い選手だね」   前に座ったイタリア人 フィギュア大好き3人娘も

「 タカハシ、かわいい。 」と。 「 でも かわいい じゃなくて カッコいい」 って教えた。

彼女達 高橋くんの 演技中 きゃあきゃあ言ってた。  高橋くんと 人気を二分したのは

ジュベール。 調子が良かったね。 でも ゆづなんど やっぱり 日本人達を応援するよ。

ジュベール、 凄いんだ。 ジャンプも バンバン 決めちゃったし。 スピードもあるし。

でもどうしてだろう。 目の前で見ているのに 心が打たれない。

不思議の国のアリスに出てるうさぎが 時間が無い、時間が無いって 駆け回ってるみたいで。

ゆづなんどみたいな 鈍感ファンには どうも ダメらしい。

男子フィギュアは ホンとは こうでなくちゃいけないかも しれないけど

やっぱり ゆづなんどは 高橋くんの 氷の上を優しく 女性と踊るように ひとつひとつ丁寧に・・・

が好きだ。 演技の時間の終わりが来るのを惜しむように。

ゆづなんども 相当な 自国びいきさ。 でも イタリア人には 負ける。

ホテルでテレビ見てても アイスダンスやら ペアやら 男子やら。 選手、ひっきりなしに

テレビ出まくり。 でも これが 普通でしょ? 他の国だって そうでしょ?

自国の選手 蔑んで 他国の選手 称えるの。 おかしいわぁ。 ホンと。

あり得ないのが 日本という国ですから。 夕方 家に着いて フジテレビでは

高橋くんが 優勝 できる? できない? アンケート。 あり得ないわ、 コレ。

一人戦う選手を前にして それは ないでしょう? 日本人なら 迷わず 100パーセント できる。

でしょう。 昨日 彼は 試合の後 床にマットを 引いて マッサージしてもらっていたようだよ。

控えの部屋の 外が ガラス張りになってて 歌子コーチと マッサージの人がいたから。

マットも見えたし。 どんな時でも ゆづなんどは 日本人選手の味方です。

試合後の疲労の中 気持ち良く サインに 応じてくれてありがとう!

ゆづなんどの 大きな日本国旗には 彼らのサインが 輝いています。

一生の宝物。 ゆづなんど、 なぜそこまで 日本国旗に こだわるか。

なぜなら 日本人であることを 常に意識させてくれるものだから。

ここにいると そうでもしないと 日本人であることを 忘れそうになることがあるから。

だから 彼らは ゆづなんどの 誇りなのです!

2010-03-20

もうすぐ世界選手権

ものすごい勢いで 雪解けが進み 春の訪れを 感じる今日この頃。 今日は 冬の間 着ていたダウンジャケット

を お洗濯。 おまけに ベランダに干しちゃったわい。 夜の八時でも 凍ってないから 春が来たんだねぇ。

ダウンジャケットは 今年、 再び 冬が来るまで クローゼットの中で 一休みだ。

洗濯の後は テラスで お茶飲みしてきたぁ。 どこのカフェも 外のテラスがオープンで 人手も

多く 大繁盛! やっぱり これから 暖かくなる季節を迎えるのは うれしいなぁ。

それはそうと トリノでの フィギュア世界選手権まで あと少し。 男子の小塚選手が もう到着してるはず。

あと ショックなのは プルが欠場というのも。 やっぱ 4回転 この目で見たかったもん。

日本人選手が 表彰台独占?に 期待がかかるなぁ。 もし カナダの ビックマウス、

パトリック・チャンなんかが 大失敗しても 爆上げ 台乗りなんか しそうものなら

ゆづなんど、 一人ブーイングしますから。 今から こっそり ブーイングの練習してます。

あぁ 高橋選手の ショートプログラム、 ホンとに 楽しみです。

今日 ミラノまでの列車チケットも 買ってきたし ユーロも 両替してきたし。

なんどが 一人で 夕食取るのも 可哀想だから マリーザの家で 夕食取るよう手配もしたし。

準備万端! もし クソヨナの ポスターなんか 貼られてた時の為に ひげでも 書いてやるのに

マッキーも 鞄に入れておかなきゃ。

ゆづなんども ほんの数日でも この狭い村を 離れることによって かなりの気分転換。

久しぶりの 現地観戦が どんなもんだったか また戻り次第 お伝えします。 

2010-03-17

ぬか漬け最高!

頂いた ぬかがありまして ゆづなんど、 人生で 初めての ぬか漬けに挑戦しております。

本州の方には 馴染み深いぬか漬けですけど 道産子のゆづなんどにとって

漬物は 秋に安くなる大根を使った 魚漬け。 鮭とか鰊とかの 切り身を入れるもので

祖母が昔 大量に樽に漬け込んでいました。 寒くなると 中の水分が凍って 取り出すのが

ホンとに嫌だった。 冷たくて 手が凍る! でも うちの祖母の魚漬けは 好評で

中学生のとき 友達が来ると この魚漬けと 番茶で 渋い座談会をしてました。

ちょっと 日数が 経過して 酸っぱいのが 好きでした。 懐かしいねぇ。

ぬか漬けは あまり食べたことがなくて 作り方も知らなかった訳です。

でも 今は ネットで何でも 調べられますから ぬか漬けも簡単に!

しかも タッパに入れて 冷蔵庫で 保管しとけば 混ぜなくても 漬かってますから。

人参も 大根も キャベツも。 どうせ 一人で食べますから ほんのちょこっとで良いのです。

ちょっと野菜を切って 入れておけば良いのだから 嫁入り道具の一つとして 

ぬか床持っていく そんな 気持ち分かるなぁ。

ゆづなんどの ぬか床も 大事にしなくては。  これで なんどが 仕事の日の夕食は

毎晩 日本食に決まり!  しかも、 奥さん、うれしいことに 最近のゆづなんどの

自家製納豆、 マジ 最高! 凄い 粘るんですよぉ。  やっぱり 十勝清水の 大豆に限る!

もちろん、松居一代の 圧力鍋にも 感謝しておりますが やっぱり 大豆です。

大人買いしていてヨカッタァ。 当分 粘りに 粘る 納豆で 夕食です。

あと 2週間で 休暇に入ります。 4月1日から 2週間。 毎日 日本食作りに 励みますよ。

日高昆布と かんぴょうを 使って 煮付けもしたいし。

あぁ 待ちどうしい 休暇。  

今日は ちなみに なんどお手製 鱒のオーブン焼きです。 鱒のお腹の中には 臭みを取るため

厚切りベーコンいれます。 アスパラが そろそろ 出回りました。 今日は安かったから 買っちゃいました。

じゃがいもに アスパラを 添えて。 今日のなんど、 なんだか 本物の料理人のようです(笑)

いや、いや。 いつも 料理人ですけど。

さて 火曜の晩餐と 行きますか。

2010-03-10

生ゴミ色

今回の冬季オリンピック。 ゆづなんどがタイトルを付けるとしたら・・・・  ズバリ!

「明らかになった スポーツ界の 悪の2大枢軸、 カナダと 南朝鮮!」 

K国のスポーツに置いての 悪名高さは 何も五輪だけじゃなくて サッカーでも ボクシングでも。

だから 今さら 驚くことは無いけど。 金でメダルを買うことに 何ら 抵抗が無いのにも呆れる。

だけど カナダには 驚いたわ。 日本の長野の五輪の自国びいきも 多少あったと思うけど。

カナダには 何回か行ったけど 良い国なんだよね。 自然も豊富で お隣の米みたいに

自己アピール強くない国で。 まぁ でも 今回は 南朝鮮と よく結託して あからさまな

自国びいき。移民の多い国って あんまりせこせこしてないはずなのに。

また フィギュア話だけど 最後のエキシビションで テレビでは放映されなかったシーンが

あったらしい。 ストーリー形式で カナダ人夫妻の処に 養女として やって来た アジア人の

スケート少女。 ジャージに KIMって 刺繍されてたって?

あとその養女を取り巻く子供の中に 眼鏡かけて 出っ歯の男の子? 日本人?

まず 国際舞台で しかも オリンピック。 そのエキシビジョンで こんなバカげたストーリー

やるのもあり得ないし、 ジャージーの刺繍だって 偽女王にメダル取らせること

決まってた感じだよね。

日本人選手のエキシだけ 見たかったんだけど もれなく 偽女王も付いてくるからね。

ちらっと見たけど、 何 あの 衣装の色・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金メダリストとして あり得ないよね。  見た?

タイトルにしちゃったんだけど  生ゴミの色を 例えるなら まさしく あの色。

あんなので ひらひら ワカメみたいに 踊られたら 生ゴミ思い出して 吐き気してくる。

審判員の買収にお金かかり過ぎて 衣装まで お金かけられなかったって話。

現代自動車の車を 一人一台 贈ったとか? 

この五輪 歴史上 記憶に残る 最低五輪だったね。 フィギュアに関しては

とにかく 日本人選手は できるだけ 排除したいという 北米や欧州のフィギュア先進国

としての プライド? だって出場選手全員が 入賞しちゃうんだから。 このまま

放っておけば メダルを 全部独占しちゃう感も有りでしょ。 そりゃ 阻止したいわな。

でも 日本では どんどんメダル取れる選手が出てくるよ。 素晴らしい先輩達を見て

育った後輩達が 努力するでしょ。 そこが どんなに 採点で 苦労をしようとも

見て感動を与えられるのは 本当に 実力ある選手だけ だろうから。

偽女王みたいになりたいっていう後輩は間違っても出てこないから。

あーぁ、 哀れな 偽女王。 金メダル取って 凱旋帰国? しても 次の日には

逃げるように 悪の枢軸国 カナダに 戻らなければならないなんてね。

なんで? 後ろめたいのか? やっぱり。 それこそ 八百長女王の証しだよ。

往年のフィギュアファンの目は ごまかせないよ。

せいぜいプロ転向して 南朝鮮以外に重要の無い アイスショーに精を出せば。

浅田選手の演技の後に 意地悪く にやっと笑った件について

「 自分の方が 点数を出せると 確信したから 」 だって。

その性格の悪さは まさしく 金メダル級! これは 偽もんじゃなく 正真正銘!

この馬鹿女に つける薬 どこかで 売ってませんか?

プロフィール

Author:ゆづなんど
ゆづなんどの秘密について
現在 スイス在住
無類のわんこ好き
旦那は ポルトガル人 なんど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。