--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-16

保育士なんどの1日

14日から 仕事が始まった私。 なんどは 12月1日から。 よって なんどは


毎日 日曜日。 そんななんどを 放っておく人はいない。


早速 前の日の夜に いとこのマリーザからの電話。


ファビエンヌの子守だ。 ファビエンヌ大好きのなんどは 快諾。


朝の11時に 幼稚園に迎えに行く。 そして 私とファビエンヌの 昼食作り。


しつこいようだけど こんな時 料理人と結婚して 本当に良かったと感じまする。


私は2時間の昼休みで 仕事へと出掛けるが この後が 大変!!!


5歳児で しかも 女の子。 ここのとこ もの凄い勢いで 口が達者!


幼稚園では ドイツ語で 会話をしてるので 覚えたてのドイツ語で 


数字を数える!数える! なんどが 揚げた フライドポテトを 1本づつ数える!


果てしなく10本より多い。 だけど 彼女は10までしか数えられない・・・・・・



仕事を終えて なんどから 午後からの ファビエンヌとの 1日の出来事を聞かされる。


まずは 昼食の後 ファビエンヌが 大好きな Mr ビーンの DVDを 3本たて続けに


見たこと。 それが終わって 夕方から始まる アルプスの少女ハイジのアニメ!


もちろん、日本のアニメで 言語はイタリア語。


ファビエンヌの家では テレビは 全チャンネルポルトガル語での ケーブルテレビ。


そこでは アルプスの少女ハイジは 放映されてない。


だから ファビエンヌは ストーリーも知らないから なんどに ストーリーを聞く、聞く!


なんども あまり知らないから そのへんは 子供相手に適当に・・・・


好奇心が芽生えたての 5歳児。 私の引き出しの中身に 興味津々。


いくら見られても大丈夫。 恥ずかしいものは 何も入ってないから。



そんな 長い 保育士の1日も終わり なんどは 相当疲れたかなと思いきや


そうでもないらしい。 子供好きのなんど、 そのへんは おてのもんである。


ていうか、 精神年齢は ファビエンヌと変わらない 



私は どちらかというと 子供は あまり得意じゃない。


でも 子供からは 好かれる。 小さい子供は 多分 私のことを 大人というより


大きな、大きな クマのぬいぐるみか 何かと 思ってるんじゃないかなと思う。


自分が 保育士に なった訳ではなく なんどが 5歳児と共に 長い1日を


過ごした訳で 本当に お疲れ様! と 言いたい。


でも なんで 子供を 預けたか というと 別に仕事でも なんでもない。


車で 買い物に 出掛けたから・・・・・



ここでは 同じポルトガル人同士、 しかも 親戚となれば お互い助け合うもの。


子供がいれば なおのこと。 どんな理由でも 子供を預けるのは 許されるみたいな


節がある。 こんなことを 言えば 子供がいない人は・・・・ なんて 言われそうだから


あえて あまり 触れたくないのだけど。


私の友人には そんな人はいないが。 子供がいるから 何でも 許されると


勘違いしてる親って 多くないかな?


親になるっていうことは 人間を育てる訳だから その責任感も 重圧も 子供がいない人よりも


断然に大きい。 ましてや どの国でも 少子化で そんな中で 子供を育てるのは


大変なことだと 思う。


そうだからといって 目に余るほどの 人任せな 子育ては 本当の 子育てなのかなって


疑問に思う。 



先日、 ポルトガル人恒例大量買い物ツアーに 出掛けたけど 


その時に 8ヶ月の赤ちゃんを連れた マリーザの旦那のいとこの奥さんも一緒だった。


その時に ちょっと 変だな、 この人の子育て。と思った。


買い物をした 店から 車を止めてある駐車場まで ほんの 数分という 歩いている間に


歩道の真ん中で 哺乳瓶を 赤ちゃんにあげてる。


別に赤ちゃんが ぐずった訳でもないし 泣き出した訳でもない。


与えられれば 赤ちゃんだって 飲むだろうし。


でも 別に 歩道の真ん中で 与える必要は あるんだろうか。


車まで 数分だから 車に戻ってから あげてもいいんじゃない?


人通りの多い 土曜日の 午前中、 狭い通りに ベビーカーをどん!と駐車して


周りを気にしない 新米ママを 取り囲む私ら・・・


私の性格からすると ちょっと耐え難い光景だった。



こんな経験は かえって 反面教師となって もし 私に子供ができたら・・・


という かなり 良い勉強になる。 同時に こんな 子育てはしたくないとも。


子育ては 人それぞれだけども どうしても 若年による犯罪が こんなに


増加しているのだろうかと 関連づけてしまう。


要は 育て方の問題か。



私もどちらかというと 甘えられて育てられた方だ。 誰も注意をしてくれなかったら


どんな 大人になっただろうと そら恐ろしい。


でも 怒られて これは いけないことなのだと 教わった あの時を よく記憶している。



だから 甘く、甘く 砂糖に漬かった 果物のように育てられるよりも


辛く、辛く 心の芯まで 漬かった方が 断然 良いと思う。



怒られて 恥ずかしい思いを するからこそ 人の痛みも 分かるんじゃないかな。


嫌な思いは いくつになっても 忘れないものだから。



こんなこと 書くつもりは 毛頭無く ただの のほほん日記だったはずですが。


保育士は 難しい! それを 書きたかっただけです。



でも あまりにも この子 手に負えない!って 思ったら 


ファビエンヌの 幼稚園の スイス人教師みたいに  5歳児の子供の口に ガムテープ


貼っちゃえば 良いんだよね。



これ、 実話です!



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なんどさん・・・

お疲れ様です。私は、子供が嫌いじゃないほうだから、遊んだりするのはいいけど・・・。1日中って言うのは、どうなんだろう。途中、途中、ほったらかしちゃうかも。ですね。。。でも、最近のママは自己中の人が多いですよね。考え方が安易な人が多いと言うか・・・。私に言われたくないって思われちゃうかも知れませんけどね。世の中のママは。第三者として子育てを見たりすると、こんなママにはなりたくない!って思ったりするんですけど、実際に自分がママ立場になると、周りのことを気にする余裕とかなくなっちゃうのかな~って思ったりも。やぱり、子育ては難しいんですね。ゆづなんどさん!子作りがんばってくださいね~。

elicoさんへ

人間を育てるってことは やっぱり 難しいことなのでしょう。
育てる方が 一人前の大人として自立していないと 無理があるよね。
未熟な人が 人間を一人育てるなんて 所詮 無理な話で
その結果 変なガキが増えて そのまま大人になっちゃうんだろうね。
子供が 卵で ぽこんと産まれてきたら楽なのにと思います。
プッツみたいな 男前の子供が 欲しいです。

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
プロフィール

ゆづなんど

Author:ゆづなんど
ゆづなんどの秘密について
現在 スイス在住
無類のわんこ好き
旦那は ポルトガル人 なんど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。