--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-26

初物!初物!

春の大荒れの天気って 故郷の北海道でも よくありました。

ここでも そう。 復活祭週間は 既に 終わったけれども その天気の悪かったこと。

吹雪いていたし。 でも 今日あたりは 春の陽気でございます。

復活祭は 春の訪れと 重なることもあって クリスマスの次に 大きな行事のようで

家族揃って 夕食をちょっぴり 豪華にしたり。

なんどは 教会に 足を運ぶことは まずないけど この金曜日は 昔からの言いつけを

守って 金曜日は 肉を食べない日にした。

金曜は 海老をグリルしたものと ムール貝を トマトで煮たもの。

私は 土曜の豪華な料理を 楽しみにしていた。

この時期から 4月終わりまでの ヨーロッパの 初物料理と言えば

ホワイトアスパラ! 成人男性の 親指よりも太い ご立派な ホワイトアスパラ。

まだ 出始めで 値段はちょっぴり 高めだけど 春を感じるなぁ。

それに ラム肉好きの 我が家では なんど特製の 生ラムのローズマリー焼き。

金曜から 味を染み込ませて。 なかなか 気合入ってます。

そして じゃがいものグラタン。 これも 前の日から 仕込む。

なんど、料理人。 なかなかです。

私だって 作れる料理だけど やっぱり レストラン仕込みだと 味がまったくもって

プロです。 恐れ入りました。

ところで ヨーロッパでは みんなが 喜んで食べる アスパラ。

日本では 聞いたことが無い 噂が・・・・

ホワイトアスパラを 食べた後の おしっこは 臭くなるって。

土曜日、 あまりの喜びで 「 今日の 夕食は なんど特製アスパラ!」

と 周りに触れ回っていたら 「 明日、 おしっこ 臭いよっ 」

と言われた。 スイス人の旦那さんを持つ Kさんも アスパラを食べた後は おしっこが臭くなるって。

多分 これは 眉唾では 無い話でしょう。

こんなに みんなが 言うのだから。

実際は 分からなかった。 すぐ 水で流しちゃうしね。

でも やっぱり アスパラ最高!

今年初の アスパラを頂いて ちょっと 早い 春の実感。

そして 相変わらず 休みの日は 日本のドラマに ハマる。

中居くんの 「 砂の器 」 すごい 良かったよ。 中居君、 見直した。

「 あなたの隣に誰かいる 」 北村一輝。 最高!

はっきり言って  「 惚れましたっ。 完敗ですぅ。 」 

ファンクラブ、 入りたい・・・・・

そんな 心境の ゆづなんどです。

休暇まで あと 3週間。 ラストスパート。

北村氏の 夢を 見ながら 頑張りマス。

なんどは しばらく 外に 置いて置こうっと。

仕方ないから なんどを 「 ポルトガルの 北村一輝 」 って 思うことにしよう・・・

スポンサーサイト

2008-03-10

得した日曜日

昨日 店の前の広場に 「 明日は スープの日。 11時から 」 って書いてあったので

オーナー達に 「 これって 値段書いてないけど タダかな? 」 って聞いてみた。

そしたら 「 タダだと 思うよ 」 っていう返答だったので

今日の 日曜日を 楽しみに してたんだ。

そして 本日、 天気は 快晴! 朝から タダの スープのことで 頭が一杯。

お昼休みに入ったので 早速 看板に あった 矢印の 方向へ 一目散。

場所は 学校の 体育館。 学校の前には 人通りも少なくて

ちょっと 不安になった。  誰もいないなんて ガセネタかと。

恐る恐る 校門を くぐると 奥まった 体育館らしき 広い部屋には

テーブルと 椅子と 何人かの人が 座っていた。

何処を 見渡しても 金額が 書いて張ってある紙が 無いので こりゃ 本当にタダだな

と確信して まずは 席を確保。 

10人近く座れる 大きなテーブルに 荷物が置いてあったから

何処でもいいやと 思い まずは スープのほんわか 良い香りがする コーナーへ。

待っている人が 受け取った スープ皿には 白いスープを 持っている人と

赤いスープを 持ってる人がいたので

赤いのは明らかに トマトスープみたいだったので

これなら 家でもしょっちゅう 食べてるから

食べたこと無い 白いスープにしてみた。

隣においてあった 大きな パンも しっかり 手に取って。

スープとパンを 席に置いて 見渡すと 飲み物のコーナーもある。

スープは ボランティアらしき 学生が お金のやり取りをせず 手渡してくれたので

飲み物はさすがに 有料だと 思い 財布を持っていったが

やっぱり タダだった。

席に付くと 先程は 無人だった席に 何人かが 既に座っていて

なんだか 座ってから 急に居心地が 悪くなってきた。

もしやと 思って 見渡すと 他のテーブルでも やっぱり 同じ。

明らかに オーバー70。 どの顔を見ても じいさん、ばあさんばかり。

老人ホームの 食堂に 一人乗り込んだ感じ。  ・・・・・・だぁ。

日曜の11時と言えば 教会礼拝が 終わってすぐの時間。

暇な じいさん・ばあさん 連中がこぞってやって来るわけだよ。

昼食代も浮くしね。

いささか じいさん・ばあさんの 集まる中で 明らかに 浮いた アジア人の女。

涙が出る シチュエーションだった。

でも スープは 美味しくて クリーム味に ちょっと 酸味の利いた 白ワインが入って

日本では 押し麦なのだろうか ご飯みたいに 柔らかく煮てあって トロッとして

実に美味。 レストランでも 似た感じのスープは 出しているところもあるけど

こんなに美味しいのは 初めて。

居心地が悪いと 思いつつ おかわりした。

居心地の悪さも 食い意地には 勝てませぬ。

皿を戻して 帰ろうとしたら 入ったときには 気づかなかったけど

あった。 寄付の箱。

チャリティらしい 匂いは最初からしてたけど こんなに美味しいもの頂いて

タダとは 申し訳ない。

早速 財布を開けると しまった。 お札しか入ってない。

しかも 5000円くらいになっちゃう。 日本円にすると。

そそくさと 会場を後にして 店に行った。

かくして 心根の根っから正直な 日本人である ゆづなんどは

お札を細かくして 再び会場に戻り 日本円にして 500円ほどを

寄付箱に 入れてきた。

スイスでは たかだか パンとスープと言えども どこのレストランを探しても

500円で 食べれるとこなど 無いのだ。

だから おかわりまでした 私は500円では 少なかったかもしれないけど

置いてきた。 気持ち次第である。

聞くところによると スープの日は 毎年 1回やってるらしい。

来年は 1000円くらい 寄付する気持ちで 3杯は 食べようと思う。

食後には コーヒーまであったし。

こっそり チーズと ハムを 鞄に隠し持って タダのパンに 挟んで食べようかな。

ちなみに チャリティは マダガスカル計画って 書いてあった。

インド洋に浮かぶ マダガスカル島を 手助けするのだろうか?

でも 誰かの手助けになるのなら こういう チャリティも 悪くないね。

もっと もっと やって欲しい。 今日は 昼食代が浮いて 良い一日だった。

2008-03-03

にんにく食べちゃダメですか?

スイス暮らしも けっこう長くなってきた。 最近 つくづく 思うことがある。


日本人は 好き嫌い言わずに 健康の為 何でも食べる人種だなぁと。


ポルトガル人にしても スイス人にしても 良い歳をして 食べるものはいつも食べてる


決まったものしか 食べない人が 実に多いのだよ。


そこには 健康の為とかいう 言葉は 存在していないが 如く。


日本に居た頃 強迫観念のように カロリーを 見てから 食べ物を買っていた


ことがあった。 今、 スイスに暮らして 日本で 食べるものは なんて 健康的なもの


ばかりだったのだろうと 思っている。


ここで作る日本食は 油を使わずに 作れるものが たくさんある。


その度に ああっ 、 今日も油を使わなかった。 と安堵することがほとんど。


スイスという土地柄 北海道で 生まれ育った私には 魚を 食べることに対しては


絶望的に感じることがある。 日本のスーパーでは 肉のコーナーに店員はいなくても


魚のコーナーには 必ず店員がいるでしょう。


ここでは スーパーの魚のコーナーなんて 無くても良いものといった感じ。


うちのオーナーは 魚を食べないんだって。


大袈裟じゃないけど 今まで50年以上生きてきて 魚を食べたという記憶がほとんど


無いんだって。 驚くよ。 ホントに。 日本人からしたら ちょっと考えられない。


太ってないよ。 がりがりに 痩せてるっていう感じ。


タイトルの にんにく についてなんだけど。


この前 なんどの休みの日 我が家の夕食は ポルトガル人が 大好きな


タラ料理でした。


なんどは この タラ料理に オリーブオイルと共に 生のにんにくを


細かく刻んで かけるのが 大好きなので


私も 刻んだにんにくを タラにかけて食べたのです。


次の日 仕事に行くと オーナーが にんにく 食べた? と聞くのですよ。


彼らは オーナー夫人も 含めて 大のにんにく嫌いなのです。


オーナーは そのあと 店のドアを 開けっ放しで。


いかにも にんにく臭いぞ・・と 言うかの如く。


でも にんにくは 絶対に 体に良いはず。


人のことを気にして にんにくが 食べられないなんて。


馬鹿らしい。 全く。


あぁ、 早く 休暇に入って 思いきり にんにくを 食べたいものです。


健康のことを考えて 何でも食べる。


だから 日本人は 健康長寿の国なんだよ。


あんたらは それが 分かんないんだねぇ。


にんにくを常に食べてると 風邪に対しての 抵抗力ができると


書いてあったけど これは 本当だね。


私、 ほとんど 風邪を引くことないもの。


それに対して うちのオーナー達は 二人して しょっちゅう 風邪引いて


しかも 1週間くらい 症状が続く。


年のせいももちろんあるけど。


ほらね、 こういうところで 普段食べてるものが 体に良いか


悪いか 歴然と 差が出るのですよ。


誰に何を言われようと 私は 自分の健康の為に にんにくを 食べるぞ!

プロフィール

ゆづなんど

Author:ゆづなんど
ゆづなんどの秘密について
現在 スイス在住
無類のわんこ好き
旦那は ポルトガル人 なんど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。