--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-25

ストーカーってこんな感じ?

ストーカーって つきまとわれた人にしか その恐ろしさは 分からないのだろうけど


ゆづなんどにとっては テレビや映画なんかで 見る世界で 現実味ってないのだけど


ここ最近 店に プチストーカーらしき人物が 現れてる。


もちろん、ゆづなんどを ストーキングしている訳では ないのですが・・・


ターゲットは 同僚のネウーザ。


数日前に プチストーカーは やって来た。 推定30歳~40歳。


ちらっとだけ しゃべったのを聞いたのだけど 多分 イギリス人?


冬の帽子を 試着しては いっこうに買う気配は無く 挙句の果てに


ネウーザに向かって 何度もウインクして 店を出て行った。


けっこう キモい。 その日の夕方にも やって来て 明らかに彼女を探してる様子。


あいにく彼女は 別の客と 接客中で やっぱり 何も買わずに出て行った。


かなり キモい。


昨日の私の休みの日にも やっぱり ヤツは 現れ 思い切りウインクして


出て行ったそうだ。


今日は 彼女は休み。 私とオーナーで 新しく入荷した商品の


値段を付けていると・・・・・


来た・・・・  ヤツだよ。 一応 店には入ったものの、 私とオーナーしかいないと


分かると すぐさま 出て行った。


その後も 何気に 彼女がいないか ショーウインドーを 向こう側から


覗いていやがる。 完全に キモい。


明日は 閉店まで 彼女と一緒。 ヤツは 明らかに スキー客だから


もしかしたら 閉店後 彼女の後を つけるんじゃないか ちょっと心配。


旦那に迎えに来てもらったほうが良いな。 これは。


ちなみに ヤツなんだけど ちょっと 普通の人じゃないかも。


逝っちゃってるっていうか。


しかも スキーで 腕を怪我したか 何かで 片腕吊ってるんだよね。


なんか 鈍くさそうっていうか。 悪いんだけど 見るだけで 気持ち悪。


でも ストーカーには 向いてる感じ。


ヤツは絶対 明日もやって来る。  


キモいよぉぅ・・・・


 

スポンサーサイト

2008-01-23

スープにハマる

休みの大量食料作りは 今も張り切ってやっている。


そんな中で 最近 凝っているのは スープ作り。


かぼちゃや ブロッコリー、 そして 人参。


作り方はいたって 簡単で 材料を切って 茹でて 棒状の ハンドミキサーで


材料を 潰して 出来上がり。 茹でたお湯は 捨てずに そのお湯の中で


ハンドミキサーをかけるので 野菜の栄養分を 余すことなく 食べられる。


味付けは 塩と 少量のオリーブオイルだけ。


なのに 野菜の味が とても良く出て 美味しい。


それを 小分けして 冷凍庫で 凍らせる。


朝、仕事に出掛ける前に 冷凍庫から出しておけば お昼休みに 家に帰って


鍋で温めれば お昼ご飯のできあがり。


2時間の 昼休みに もの凄くスピード料理である。


人参なんか 6本程で 120円くらいなので それで 4杯は スープができるから


とても 経済的でしょ?


それに 10個で 250円の パンを 数日かけて 食べるから


とにかく エンゲル係数 下がりまくりです。


ちなみに パンは 生状態のを 食べるときに 焼くタイプなので


いつでも ふわふわで 美味しいのです。


このスープは とにかく おススメ。 棒状のミキサーは 日本でも売ってるだろうから


無い方は 1つ買われることを おススメします。


こっちでは 2000円もしないから どの家庭でもあるはずです。


日本では 野菜をおひたしにして 食べたりするけれども


おひたしだと 茹でたお湯を捨ててしまうから 栄養分がお湯に出てしまうけど


この方法で スープを食べれば 栄養分を 全部食べれます。


色んな野菜で チャレンジします。


なんどの 友人から 譲ってもらった 冷凍庫も 重宝しています。


ポル人家庭に 必ずある 冷凍庫。 冷凍できるものは 何でも冷凍しちゃえって


やつです。 作り置きを 始めたら 買い物は 1週間に 1回で 済む様になりましたよ。


食費も 3万くらいは 節約できています。


今後も止められない 習慣となりつつあります。


ゆづなんど流 節約術!


浮いたお金は モチロン なんどに 内緒で 自分の銀行口座に 収めるのだよ。


いわゆる へそくりって やつだぁ。


子供の頃から 憧れていた 主婦の へ・そ・く・り!


給って行く お金を見て にっこり。 ご満悦!


あぁ、 へそくりは 止められない!

2008-01-16

メラニー C? VS  ゆづなんど

私は 店の面々にも 無類の犬好き、 そして プッツ好きとして かなり有名で


休みがあって 天気がよければ なんどを 放っておいて 散歩に出掛ける


プッツさんは 私が今まで生きてきて 出会った犬の中で 一番賢いかも。


賢いというより 人間のように 人の心を読む力が 優れている。


私が 今日は仕事だから 散歩には行けないよと言うと


そのあとは 無視するし、 散歩行くかい? と聞くと 私の脚に 手をかけて


尻尾 フリフリ攻撃が始まる。



プッツさんとの 散歩は 私の専売特許と 思われていたが・・・・


強敵な ライバルが 最近 登場!


プッツさんの飼い主の 同僚の メラニー。 年齢は聞いてないけど


ドイツ人。 メラニー C らしい。


私が仕事で 彼女が休みの時 プッツの喜びようといったら・・・


私的に プチ嫉妬だ。


プッツは我が家に2度ほど お泊りをしたことがあるが


メラニー宅にも お泊りしたらしく、 これは かなり!


ちなみに プッツさんは オス犬でございます。


うちのオーナーも 私が 本気で 嫉妬しているように 思っているらしく


ゆづなんどが 散歩に連れてくと言ったら プッツは こんなに うれしそうじゃん。


メラニーの時よりも うれしそうだよと お世辞を 言うのだが。


もちろん、 本気で嫉妬などしてないのさ。


最近 プッツ、太り気味だから 散歩してあげたほうが 断然良いわけ。


犬好きとしては 自分みたいに 犬好きが 近くにいると けっこう


うれしかったりする。


さて 今日は 天気は イマイチだけど 休みだから  プッツと 散歩してくるさ。


私が 明らかに 仕事じゃない服装していると プッツの喜びようが 目に浮かぶ。


これを 思うと プッツの散歩は やめられない。


20080116195953.jpg


あまり ブログに 写真を載せなくなったのだけど  この写真の 斜めの角度の


プッツが とても お気に入りなので 載せました。


何か 人間みたいに 物思いに ふけって どこを見てるのかと思いきや


見つめる目線の先には・・・・


わんこがいたのです。 この後 興奮のあまり ブルブル震えだし。


吼える、吼える。 でも 大きい犬には 降参して しゃがみだすのです。


私って 馬鹿親みたいだ。

2008-01-09

いつのまにか明けてました

クリスマスから 年末年始にかけて 例の如く 忙しく働いていたので


町の中や 人々は 一年で一番大事な 行事に 賑やかムード一杯だったけど


ゆづなんどとしては いつのまにか 新しい年が 明けていたなぁという感じです。


皆様 明けましておめでとうございます。


クリスマスも 大晦日も恒例になりつつあった なんどのいとこ達との食事。


今回からは辞退した。


一番の理由は 食べ物で クリスマスも 大晦日も タラ料理。


これが 私にとっては 別に特別でもなんでも なくなったから。


地元のポル人御用達の店で いつでも簡単に買えるから 別に 行事の時に 


食べなきゃならないって訳でもない。


おまけに 彼らは とても 夜型人間。


最後まで付き合っていたら 大変なことになる。


次の日も仕事だしね。


クリスマスは いとこ家なんだけど 大晦日は ここのところ


レストランで特別デイナーを予約することに 方針転換したので


私からすれば こんな料理に お金かけるなら 自分だけで・・・というのが 本音。


なぜなら 仕事に頑張ったご褒美に 日本食レストランの お寿司を


お持ち帰りという 最大の目的があったから。


けっこう奮発して注文したけど それが 大正解!


ポル人には 理解できないであろう 日本人の食文化!


重箱とはいかないけど 重箱風の プラスチックの弁当箱に入った


素晴らしい芸術作品! なんどの帰宅は 12時を回るので


なんどが来るまでに 一箱。 なんどが 帰宅してから 一箱。


なんて 贅沢な時間なのだろう。


この為にだけでも 一人で過ごす大晦日にして 良かったと思う。


早々と クリスマスと 大晦日は 自分達だけで過ごすと 伝えてあったのだけど


当日になって 電話がかかってきて なんで来ないの?と言われた。


丁度そのとき 重箱を抱えて 家に着いたところだったから


「 これから 寿司食べるから 」 と言って断った。


さすがに 「 ポル料理は 食えないぞ 」 とは 言えなかったけど。


大晦日は 私にとっても ちょっと 特別な日。


ワイングラスを傾けて ゴムみたいに硬い肉なんかに 舌鼓を 打つことができる


年齢ではなくなった。 やっぱり 日本食が良いもの。


大切な行事ごとの日に 一人で過ごすのは 気の毒だと 思ってくれたのかもしれないけど


そんなことは どうでも良いのだ。


それよりも 日本で過ごした正月を 思い起こしながら 贅沢な寿司に


舌鼓を打つほうが 断然良いのだ。


さすがに 紅白歌合戦は 見たいとも思わなかったけど。


そんなこんなで あっという間に 1月も10日近くが 過ぎ去って・・・


きちんと 週2回の 休みももらって 快調!


これから プッツとの 散歩!


そんな 私の唯一の 楽しみに 強敵な ライバル出現!


詳しくは 次回の 記事にて!



プロフィール

Author:ゆづなんど
ゆづなんどの秘密について
現在 スイス在住
無類のわんこ好き
旦那は ポルトガル人 なんど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。