--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-26

ビバ! トリノ!!!

行って来たぁ。 トリノ。 今 ゆづなんどの 脳裏には スケートが すすぅーと 氷を削る音が

焼きついていますよ。 朝の6時に家を出て ミラノに着いたのが 9時半。 何でいつもあの駅は

あんなに人が一杯なんだ? 切符売り場、 数え切れないほどのブースがあるのに係員はいない・・・

奴ら 30分おきに コーヒー飲みに行ってやがるな・・・ トリノまでの切符を買うのに 30分は

並ぶ覚悟はできてたけど 珍しく15分だけ。 これ幸い。

トリノ行きは 11時ちょっと過ぎに出発。 しかし 何で 不必要に 列車の窓は 汚いのだろう?

イタリア国鉄のお偉いさん方、 一度 日本に視察に行って 列車に乗って欲しい。

トリノ着くまで 外は雨でも降ってるのかと思ったよ。 列車降りたら 天気良かった・・・・

窓汚くて 外の景色 見えなかった。 

ホテルは駅近で 便利だったけど すごぉく 男性陣には 誘惑が多い地区。

ホテルの角に 黒髪で ミニスカート、 ハイヒールを 履いた女性が 立っていました。

後ろ向きで。 ここが ミソ。 振り返ったら・・・・・  見なきゃ良かった。

大きなのどぼとけ。 ガラガラ声。 「 チャオ!」 とか 言ってるよぉ・・・・

そういう趣味の方の為ね・・・・   あと 服装は20代なんだけど 明らかに ソフィア・ローレンみたいな人も。

激安ホテルだけど 部屋は良かったぁ。 ジャグジーまでついてたんだから。

ちょいと興奮してよく眠れなくて 朝を迎えました。 

会場のパラベラ。 中に入ると 天井に 荒川さんの 大きな垂れ幕が あったよ。

日本組登場は 午後で 途中 ランチを 挟んで。 

小塚くん、 落ち着いてたぁ。 ゆづなんども 日本の旗 思い切り振ったよぉ!

織田くん、 緊張してたのかなぁ。ジャンプが決まらなかった。 残念・・・・

さて 我らが 高橋くん、 ゆづなんどの 後ろに座った ドイツ人カップルも

「 タカハシ、良い選手だね」   前に座ったイタリア人 フィギュア大好き3人娘も

「 タカハシ、かわいい。 」と。 「 でも かわいい じゃなくて カッコいい」 って教えた。

彼女達 高橋くんの 演技中 きゃあきゃあ言ってた。  高橋くんと 人気を二分したのは

ジュベール。 調子が良かったね。 でも ゆづなんど やっぱり 日本人達を応援するよ。

ジュベール、 凄いんだ。 ジャンプも バンバン 決めちゃったし。 スピードもあるし。

でもどうしてだろう。 目の前で見ているのに 心が打たれない。

不思議の国のアリスに出てるうさぎが 時間が無い、時間が無いって 駆け回ってるみたいで。

ゆづなんどみたいな 鈍感ファンには どうも ダメらしい。

男子フィギュアは ホンとは こうでなくちゃいけないかも しれないけど

やっぱり ゆづなんどは 高橋くんの 氷の上を優しく 女性と踊るように ひとつひとつ丁寧に・・・

が好きだ。 演技の時間の終わりが来るのを惜しむように。

ゆづなんども 相当な 自国びいきさ。 でも イタリア人には 負ける。

ホテルでテレビ見てても アイスダンスやら ペアやら 男子やら。 選手、ひっきりなしに

テレビ出まくり。 でも これが 普通でしょ? 他の国だって そうでしょ?

自国の選手 蔑んで 他国の選手 称えるの。 おかしいわぁ。 ホンと。

あり得ないのが 日本という国ですから。 夕方 家に着いて フジテレビでは

高橋くんが 優勝 できる? できない? アンケート。 あり得ないわ、 コレ。

一人戦う選手を前にして それは ないでしょう? 日本人なら 迷わず 100パーセント できる。

でしょう。 昨日 彼は 試合の後 床にマットを 引いて マッサージしてもらっていたようだよ。

控えの部屋の 外が ガラス張りになってて 歌子コーチと マッサージの人がいたから。

マットも見えたし。 どんな時でも ゆづなんどは 日本人選手の味方です。

試合後の疲労の中 気持ち良く サインに 応じてくれてありがとう!

ゆづなんどの 大きな日本国旗には 彼らのサインが 輝いています。

一生の宝物。 ゆづなんど、 なぜそこまで 日本国旗に こだわるか。

なぜなら 日本人であることを 常に意識させてくれるものだから。

ここにいると そうでもしないと 日本人であることを 忘れそうになることがあるから。

だから 彼らは ゆづなんどの 誇りなのです!

スポンサーサイト

2009-11-26

オールインクルッシブの続き

初日は ホテルに着いて 部屋にチェックインして 着替えたら すでに16時をまわってしまったので

頭の中では 「夕御飯 何食べよ・・・」 そのことばかり。

フロントから渡された案内用紙を 穴があくほど読んで レストランのこととか どこで飲めるとか。

まずは ホテル周辺を散策して お待ちかねのドリンク。 なんどの頭の中 既に飲むことで一杯

ですから。 ジュニアスイートプランの特典として VIPルームの利用ができるとあった。

そこには おつまみもおいてあって 野菜スティックだの 海苔巻きもどきだの 一口サイズお菓子だの。

小腹が空いてた私ら。 早速 つまんでみる。 飲み物は アルコールは もちろん、生搾りフルーツジュース

も飲み放題だ。 ガンガン 飲んだよ! 最初から 飛ばしすぎ!

しばらくしたら 夕食の時間になったから とりあえず 初日は バイキング形式のレストランにした。

なんどは 好き嫌い、食べれないものが多いから バイキングが無難なので。

いやぁ、 驚きました。 スイスでは どこかのホテルに泊って 朝食バイキングを頼まない限り

こんな豪華なバイキングあり得ないでしょ。 しかも 夕食だから いつも粗食の私らにすると

贅沢すぎ。 前菜の野菜類の多いこと。 なんどの大好きなオリーブの実もある。

トマトとか きゅうりとか。 私ら二人 虫みたいな勢いで 食べまくったよ。

でも 温かいメインになり得るものがたくさんあることを考えずに。

イスラムの国なので当然の如く 豚肉は食べれないと思ってるから全く問題無し。

羊だの 鶏だの 牛だの。 魚だって色々出てきて。

ちょこっとづつ色々試してみる。 料理人の実演メニューなんかもあったし。

エジプト、 御飯が美味いんだ。 バターライスみたいな感じで 香ばしい味がするの。

パンもなかなかイケます。 身体に良いゴマのペーストをつけて食べるとまた格別!

こんだけ食べても まだまだ 食べれるものがある。 皆さん おわかりですね。

そうです。 デザートですよ。  まずは 果物。 ぶどうやオレンジの他に 来たよ。

やったー。マンゴーです。 宇宙1好きな果物! マンゴー万歳!

他にいちじくでしょ、ザクロでしょ、あとね スイスでは絶対食べれないよ。 グアバ。

スーパーでも見たことないから。 グアバって グレープフルーツみたいな匂いがするんです。

マジうま。 あとアラブ諸国の 脳天溶けるぐらいに甘いお菓子の数々。 たまらん。

とにかく 食べて 食べて 食べまくった 初日。 その後も 毎日日替わりで 野外ステージで

ショーがある。 お決まりの ベリーダンスもね。 

さすがに 一度チラ見しただけなんだけど 夜中の12時から1時まで 真夜中スナックタイムもあった。

欧米人はさすがに 身体大きいし 夜中にバクバク食べるんだろうね。

だからあんなに大きくなるんだ。 

さて 次の日に備え 早めに休むとしよう!

続きはまた・・・

2009-11-23

オールインクルッシブ 万歳!

二人のバカンスは 11月3日。 チューリッヒから エジプトのシャルム・エル・シェイクまで。

4時間のフライト。 アルコールは有料だけど サンドイッチやチョコレートなんかもサービス。

朝早かったけど 私ら けっこう元気です。 何せ 上着無しではいられない寒い国から

南国へ向かうのですから。 着陸が近くなって ホント びっくりした。

波打ち際が 3層くらいの色にくっきり分かれてて。 肉眼で 初めて見たあんなに綺麗なの。

写真では よく見るけど。 さすが ダイビングのメッカ。

空港は小さかったけど もの凄い混雑。 ヨーロッパからの便が主だけど やっぱここでも

ロシア人、ウクライナ人。 チャーター便が バンバン飛んでるらしい。

送迎のバスに振り分けられて ホテルに着いたー。

ロビーもなかなか良い雰囲気。 部屋に入ると 一応ジュニアスイートプランなので

ウエルカムワインと フルーツが。 ベランダからは プールも見える。

早速ラフな服装に着替えて 散策に。 

またまた 中途半端な時間に 更新してしまった。  これから なんどと待ち合わせ。

続きは また 後ほど。

 

2009-11-20

リフレッシュしました

10月に入って なんどは 中旬から 1カ月休暇に入り、 ゆづなんどの仕事のペースも徐々に

落ちて 休みが多くなると 思いきや 我が店のおかみの 仕事したくない!モードは

年齢を重ねるたびごとに増しており。 おかげで ゆづなんど、休みは貰えたけど けっこうフル活動でした。

いやいや、不況のこのご時世、有難いと言えば 有難いのですが・・・・

親方は 仕事やりたい、休みなんか1日も要らない、 みたいな 張り切りムードなんですけど。

あんまり時給は払いたくないみたい・・・ でも 年上であるおかみが 仕事したくなーーい、ムードを

思い切り出すので 親方としても逆らえず。といったところ。

そんな訳で ゆづなんどは 11月に入るのが ホントに 待ち遠しかったのです。

11月に入れば 少し 休暇を取れるから。

なんどは 10月の後半の1週間、 ポルトガルに里帰りしてました。

おばあちゃんの顔を見るのも 久しぶりだったね。 1年と少々。

1週間、ゆづなんどは 独身生活を 楽しみました。 楽しんだって言っても

一人で好きな物食べて 好きなテレビ見て 時間も気にせずといったところ。

でも1週間以上だと 少し 淋しいかもしれませんなぁ。

丁度良い 日数でしたね。 

そして なんどが 無事スイスに戻って いよいよ 11月に入り

休暇ですよぉ。  今年は 日本行きは 断念。 ちょっと 予算が足りなかった・・・・・

二人分だと けっこう かかるもんなんですよね。 なので。

今年は 私がいつか そういう休暇のスタイルを 取ってみたいと思っていた、 

日本語に訳すと  「 食べ物も 飲み物も 飛行機代も 全部組み込みで おいくらまんえん! 」

みたいな 滞在型の旅行です。

こちらでは オール・インクルッシブって 呼ばれてて ドイツで始まった 旅行のスタイルなんだけど

ほぼ全ヨーロッパ中で 人気のようです。

今年の8月に この旅行を申し込んだのだけど 行き先や ホテルもけっこう悩みましたよ、最初は。

そんでもって ゆづなんどは やっぱり 旅行会社に申し込んだ訳です。

それも coopの旅行。 生協ですよ。 ベタでしょ。 田舎もん丸出し・・・・

色々行き先あったけど 昔から行きたかった エジプトのシャルム・エル・シェイク。

海に潜る人なら 必ず聞いたことがあるトコです。 ダイビングのメッカだって。

だって ゆづなんどの 目的は 何もしないで あげ膳すえ膳。 朝からビーチで寝っ転がって

居眠りして 本を読む!ということだったんですよ。

でもなんどがいますでしょ、 だから 彼の必須アイテムは 酒が飲み放題。

その条件にぴったりなのが これだったんですから。

実はこの休暇のため 2年前から 水着や ビーチウェアっていうのか ラフな服を買っておいてた

訳なんです。 ちょっと 奮発して ジュニア・スイートっていうプランにしてみました。

さてさて そろそろ 夕飯を作らなきゃ。 お腹空いたぁ。 

ちょっと 引っ張って 申し訳ないですけど、 ご飯食べます。

続きは 次回に。   大丈夫ですって。 きちんと 更新しますから。

間違っても 前回の記事から 3ヵ月後に・・・ってことは ありません。

もしお暇でしたら 続き、必ず書きますんで 読んでくださいまし。

2008-04-30

マラケシュ総括編

はぁ、疲れた。 今日、無事に 着いたのだけど 出発の今日の朝 大変なことに気付いた。

6時25分の バスに乗って 空港に行かなければ ならないので 5時過ぎに起きて

準備を整えて 忘れ物無いか 何度も チェックをして 部屋を出た。

ロビーに降りると 電気も消えてて 警備員が 何人か ソファで 仮眠をとっていたの。

警備員の一人に 「 ボックスブレックファースト出来てる?」 って聞いたら

「 何時に出発しますか?」 って聞かれて 「 6時です」 と威勢よく答えたゆづなんど。

警備員は 腕時計を 眺めて 不思議そうに してんの。

ゆづなんどは 「 6時5分前だよね?」 って 警備員に言ったら

警備員、 「 まだ 5時ですよ。」 って 冷めた感じで言うのさ。

私らの間のミョーな 沈黙。 警備員は フロントの上に 掛けてある時計のとこまで

ご丁寧に 私らを 連れて行ってくれて、 「 ほらね。」 って

マラケシュの時計を 指差して。 いやぁ、 全く持って 驚いた。

5日間も 滞在してて ヨーロッパと モロッコの時差を 1時間しかないと思い込んでいたんだから。

思えば 変だなぁと思うことは 2つほど あって、

着いた日 飛行機の到着予定時間が 思ったより 遅いなって 思ったし。

イージージェットめ、 到着時間を 書き間違えたか!と 勝手にイージージェットのせいにしてた。

昨日の夜のレストランが開くのも なんか 遅い。 従業員め、 おしゃべりしやがって、

そんな時間あるなら 早く時間通りに開けろよ!とか。

しかしさ、 5日間も 滞在してて 時間とか 普通 気にするもんだと 思うでしょ?

でもね、 それが あなた、 休暇となったら これが ホンとに気にしないのですよ。

自分でも驚いた。 観光に出掛けるのに 路線バスを 使ってたけど

パス停には 時刻表なんてもの、存在しないんだからさ。

とにかく バスが来たら それに 乗っちゃおう! だもん。

だから 時計なんて見ないしね。 他人様に 時間聞く 必要なんて 無いんだから。

そもそも 時差も 私の思い込みなのよ。 モロッコの位置を考えると

恐らく スペインよりも1時間遅くて ポルトガルと同じだろうって 勝手に決めちゃったのさ。

イージージェットだから そんな ご丁寧に 時差なんか アナウンスしてくれないからね。

すいません、 これでも ゆづなんど、元添乗員です。 へへへ。

あぁ、辞めて良かった。

こんな 無頓着な自分の性格が 自分でも 結構 気に入ってます。 うふ。

そんな こんなで マラケシュの滞在も いつの間にか 終わってた。

また 行きたい? 答えは NO。 

やっぱね、 暑すぎた。 しかも 物を 市場で買うのに 値段交渉。

面倒くさいの。 それが 楽しいって 地球の歩き方には 書いてあるんだけどね。

だめだ。 疲れる。 物価も 思ってたより 高かった。

いつも 思い込み激しいから 期待はずれしちゃうのかな。

イメージが高く 浮かび上がりすぎ。

食べ物も 美味しいことは美味しいのだけど やっぱ 1回食べたら 飽きる。

だめだ。 年取ったのだろうか。

やっぱり 海の目の前の 素敵なホテルで 何もしないで のんびりした方が良いのかな。

今度は そうするよ。

 

プロフィール

Author:ゆづなんど
ゆづなんどの秘密について
現在 スイス在住
無類のわんこ好き
旦那は ポルトガル人 なんど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。