--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-04

なんど イコール うちのばあちゃん

なんどの帰宅は 12時近くになる。 帰宅したら モチロン 寝酒する。

パソコンを いじり テレビも つけて。

そのうち ソファに寝そべるんじゃなくて 座ったまま 天井を 見つめてるかと 思ったら

居眠りが 始める。

「 ベットで 寝なよ 」 と言うと 「 寝てないよ。 目が疲れたから 休めてるだけ 」 と

決まって言い訳する。

このセリフ 昔 どこかで 聞いたことがある。

そう。 亡くなった うちの ばあちゃんも 同じこと 言ってたなぁ。

夜九時くらいに始まる ドラマを見ながら 横になって

そのうち どんどん 頭が 床スレスレの とこまで 下がっていく。

もう少しで おでこが 床につきそうってとこで

私は 「 もう 布団に 入ったら?」 と言うのだけど。

寝てない、 目を休ませてるだけの 一点張り。

この二人 会って 話することは できなかったけど

よく 似てるわ。 同じ 言い訳だから びっくりした。

ばあちゃんは さすがに こんなことは 無かったんだけど、

この前 びっくりした。 嘘じゃない、 本当の話。

夜中3時頃 パッと 目が覚めて トイレに行ったら 電気が点いたまま。

中には 便座に腰掛けたまま 頭を下に 向けて 寝込んでるなんどの 姿。

あぁ、 呆れた。 全く。 なんで 寝ちゃうかなぁ。 トイレの中で。

パンツ、下がったままね。

なんどの姿見て ばあちゃんのこと 思い出したなぁ。 久々に。

この前 マジで なんどを 怒った。 だってさ、 ビールを出した後

冷蔵庫の扉を キチッと 最後まで 閉めないから 朝起きたら

バターとか チーズとか グシャってしててさ。

朝起き掛けに飲む 麦茶は 冷たくなければいけないのに

ぬるかったから。

こういう 無頓着、 困った旦那って どうしたら 良いのだろう?

無視する? 怒る?

あぁ、 他人が一緒に 過ごすって ホンとに 体力と 気力が要る。

今 改めて 振り返って なんどを 見たら のん気に お菓子なんか 食べてるよ。

4月に モロッコに 行ったとき ラクダが いたから じっと 見つめてたら

何かに似てた。 なんど。

それから なんどのことを たまに ラクダって 呼んでる。

垂れ目で まつ毛が 長くて そっくりなんだよ。 こうやって お菓子なんかもぐもぐ食べてるとね

口がとんがってるから そっくりなんだ。

なんどを 見てると 砂漠を ラクダに乗って 歩いてる気分。

ブログタイトル 変えようかな。

ゆづと ラクダの 砂漠生活。

スポンサーサイト

2008-05-27

今まで 楽してました

5月に入ってから なんどの 周りは 色々 変化があった。

スイスに来てから ずっと 働いてきた ホテル内のレストランが 朝食だけのサービスとなり

結果的に レストランを 閉めた。 だから この5月から ホテル内のレストランではなく

レストランで 働いている。 今までのホテル内のレストランとは メニューなども違うし

同僚なども ガラッと 変わったし。

なんどの性格は 気難しいってことは 全くないし、 けっこう 周りに馴染むのが 早いほうだと思う。

だけど 初めて 働く場所って けっこう 緊張するよね。 誰でも。

5月の20日くらいまで 休み無しで 朝から 晩まで 頑張って 働いてた。

働いて 数日してから オーナーが 20日から 6月10日くらいまで 閉めるよとのこと。

今は 少しの間の 休暇なんだけど 家で じっとしてられないなんどは

別のレストランへ 自らを 売り込みに 行って ちゃっかり アルバイトを見つけてきた。

10日に レストランが開店するまで 週に 数回 お小遣い稼ぎの 他レストランでの

アルバイトです。 

真面目に仕事をするということは とても 大事。 少しでも 働こうと思って 行動する

なんどを 尊敬するし 誇りに思う。 なんてったって 働いてくれるのは 安心だ。

他レストランでは 友人も 働いているし とても 楽しそうです。

5月から 働いてる レストランは ホテルではないので なんどが 仕事中に 着ている調理師の

白い服は 私が 洗わなければ ならない。

しかも 洗う前に 汚れた場所に 漂白剤を 吹きかけて。

1本買った 漂白剤も この 3週間で もう無くなる程。

それでも なかなか 汚れは 落ちないものです。

しかし 今まで 楽だったなぁ。 前のホテル内レストランでは 客室係の 人が 洗ってくれてたんだ。

なんどの 靴も 洗ってくれてた。 ポルトガル人の おばさんなんだけど。

私の生活は いつもと 同じなのだけど 変わったことと言えば

なんどの服の洗濯が 増えたことだけ。

なんどは 1ヶ月も 経たないうちに 色々 変化があって それに 順応しようと 頑張ってます。

でも 季節が 変わって 夏の 訪れが 待ち遠しいですな。

私も 毎日 楽しく 生きよう!

 

2007-11-16

保育士なんどの1日

14日から 仕事が始まった私。 なんどは 12月1日から。 よって なんどは


毎日 日曜日。 そんななんどを 放っておく人はいない。


早速 前の日の夜に いとこのマリーザからの電話。


ファビエンヌの子守だ。 ファビエンヌ大好きのなんどは 快諾。


朝の11時に 幼稚園に迎えに行く。 そして 私とファビエンヌの 昼食作り。


しつこいようだけど こんな時 料理人と結婚して 本当に良かったと感じまする。


私は2時間の昼休みで 仕事へと出掛けるが この後が 大変!!!


5歳児で しかも 女の子。 ここのとこ もの凄い勢いで 口が達者!


幼稚園では ドイツ語で 会話をしてるので 覚えたてのドイツ語で 


数字を数える!数える! なんどが 揚げた フライドポテトを 1本づつ数える!


果てしなく10本より多い。 だけど 彼女は10までしか数えられない・・・・・・



仕事を終えて なんどから 午後からの ファビエンヌとの 1日の出来事を聞かされる。


まずは 昼食の後 ファビエンヌが 大好きな Mr ビーンの DVDを 3本たて続けに


見たこと。 それが終わって 夕方から始まる アルプスの少女ハイジのアニメ!


もちろん、日本のアニメで 言語はイタリア語。


ファビエンヌの家では テレビは 全チャンネルポルトガル語での ケーブルテレビ。


そこでは アルプスの少女ハイジは 放映されてない。


だから ファビエンヌは ストーリーも知らないから なんどに ストーリーを聞く、聞く!


なんども あまり知らないから そのへんは 子供相手に適当に・・・・


好奇心が芽生えたての 5歳児。 私の引き出しの中身に 興味津々。


いくら見られても大丈夫。 恥ずかしいものは 何も入ってないから。



そんな 長い 保育士の1日も終わり なんどは 相当疲れたかなと思いきや


そうでもないらしい。 子供好きのなんど、 そのへんは おてのもんである。


ていうか、 精神年齢は ファビエンヌと変わらない 



私は どちらかというと 子供は あまり得意じゃない。


でも 子供からは 好かれる。 小さい子供は 多分 私のことを 大人というより


大きな、大きな クマのぬいぐるみか 何かと 思ってるんじゃないかなと思う。


自分が 保育士に なった訳ではなく なんどが 5歳児と共に 長い1日を


過ごした訳で 本当に お疲れ様! と 言いたい。


でも なんで 子供を 預けたか というと 別に仕事でも なんでもない。


車で 買い物に 出掛けたから・・・・・



ここでは 同じポルトガル人同士、 しかも 親戚となれば お互い助け合うもの。


子供がいれば なおのこと。 どんな理由でも 子供を預けるのは 許されるみたいな


節がある。 こんなことを 言えば 子供がいない人は・・・・ なんて 言われそうだから


あえて あまり 触れたくないのだけど。


私の友人には そんな人はいないが。 子供がいるから 何でも 許されると


勘違いしてる親って 多くないかな?


親になるっていうことは 人間を育てる訳だから その責任感も 重圧も 子供がいない人よりも


断然に大きい。 ましてや どの国でも 少子化で そんな中で 子供を育てるのは


大変なことだと 思う。


そうだからといって 目に余るほどの 人任せな 子育ては 本当の 子育てなのかなって


疑問に思う。 



先日、 ポルトガル人恒例大量買い物ツアーに 出掛けたけど 


その時に 8ヶ月の赤ちゃんを連れた マリーザの旦那のいとこの奥さんも一緒だった。


その時に ちょっと 変だな、 この人の子育て。と思った。


買い物をした 店から 車を止めてある駐車場まで ほんの 数分という 歩いている間に


歩道の真ん中で 哺乳瓶を 赤ちゃんにあげてる。


別に赤ちゃんが ぐずった訳でもないし 泣き出した訳でもない。


与えられれば 赤ちゃんだって 飲むだろうし。


でも 別に 歩道の真ん中で 与える必要は あるんだろうか。


車まで 数分だから 車に戻ってから あげてもいいんじゃない?


人通りの多い 土曜日の 午前中、 狭い通りに ベビーカーをどん!と駐車して


周りを気にしない 新米ママを 取り囲む私ら・・・


私の性格からすると ちょっと耐え難い光景だった。



こんな経験は かえって 反面教師となって もし 私に子供ができたら・・・


という かなり 良い勉強になる。 同時に こんな 子育てはしたくないとも。


子育ては 人それぞれだけども どうしても 若年による犯罪が こんなに


増加しているのだろうかと 関連づけてしまう。


要は 育て方の問題か。



私もどちらかというと 甘えられて育てられた方だ。 誰も注意をしてくれなかったら


どんな 大人になっただろうと そら恐ろしい。


でも 怒られて これは いけないことなのだと 教わった あの時を よく記憶している。



だから 甘く、甘く 砂糖に漬かった 果物のように育てられるよりも


辛く、辛く 心の芯まで 漬かった方が 断然 良いと思う。



怒られて 恥ずかしい思いを するからこそ 人の痛みも 分かるんじゃないかな。


嫌な思いは いくつになっても 忘れないものだから。



こんなこと 書くつもりは 毛頭無く ただの のほほん日記だったはずですが。


保育士は 難しい! それを 書きたかっただけです。



でも あまりにも この子 手に負えない!って 思ったら 


ファビエンヌの 幼稚園の スイス人教師みたいに  5歳児の子供の口に ガムテープ


貼っちゃえば 良いんだよね。



これ、 実話です!



2007-10-27

関西満喫中

札幌を離れ 約1週間。 京都では 二条城の観光からスタート。 懐かしいねぇ。


確か修学旅行で行ったなぁ。 床がキュッキュッって 音がするんだよね。


二条城の後は お待ちかね! 金閣寺! 外国人は 好きだよねぇ、あのお寺。


やっぱり金だと 神々しい感じ。 だけどさぁ、 拝観料500円だか 600円だかの割には


トイレがお粗末・・・・ 世界に誇る観光地なんだから もうちょっと トイレを綺麗にしましょうよ。


金閣寺の後は 平和神宮。 朱色に塗られた柱って なかなか これも外国人向きだね。


そして 一日目の締めくくりは やっぱり 清水寺でしょう。 今年の7月に ポルトガルのリスボン


で行われた 世界の七不思議博。 なんども 5月にポルトガルのテレビでさかんに宣伝してた


っけ。 清水寺も ノミネートされてたから なんども 覚えてたみたいだ。


清水寺の後 ゆっくり歩きながら 舞妓さんに 会えたらいいなと思いながら


祇園に行った。でも 残念、 舞妓さんには 会えなかったなぁ。



翌日は 嵐山で 最近注目されてるという 嵯峨野の竹林。 なんだか 爽やかな散歩が


できました。 なかなか おススメですぞ。


午後は 東映太秦映画村! お侍さんと 姫と 写真に収まってなんどは にっこり。


 


京都の後は 奈良へ! やっぱり お決まりの 東大寺で 大仏とチーズ!


鹿が やっぱかわいいわぁ。 無人の鹿せんべい売りのスタンドで せんべいを買ったけど


本当は150円。 でも わたしも なんども 小銭が20円しかなかったから


今回は20円にまけて貰った。 



京都と奈良の 古都の余韻に浸りながら、 大阪。


それも ミナミの ど真ん中のホテル。 よしもとの すぐ隣!


まぁ 賑やかだった。 でも 雨で 写真もちょっとだけしか 撮れなかったけど。



さぁ、 今日は 今回 私が楽しみにしていた ユニバーサルスタジオジャパン!


実は 今日の朝 楽しんできたとこ。 そして 今は ホテルで一休みして


これから また 夜のユニバーサルを 楽しみます。


ユニバーサルに 行った事ない方・・・・・・・   ハッキリ言って ここは・・・・・



超! おススメであるっ。


この続きは また 後ほど・・・・・


 

2007-10-05

ついに、上陸!

2日に 自宅を出て ジュネーブの街を なんどと共に 歩いてみた。


気温も かなり 高くて 半袖で 歩けたくらい。 腹ごしらえして 夕方まで散策を楽しむ。


前泊として 予約したホテルも なんどはいたく お気に入り。


大好きな飛行機が飛び交う真下のホテルだから 窓を全開して ずっと飛行機を眺めていた。


子供のような なんど。  翌朝 早めに空港に着いて 出発を待つ。


ジュネーブから パリまでは ほぼ定刻に到着して いざ、日本行きの便へ。


私もなんども 気が咳いていたのか あまり寝付かれず・・・


なんどが心配していた 入国などの手続きなども スムーズで 荷物ターンテーブルへ。


ここまで 順調だった 長い道のりも アナウンスで バッサリ。


嫌な予感したけど 案の定ロストバゲージ。


でもさ、 さすが対応良いよ! お金ももらってしかも 荷物は宅配してくれるし。


ちょっと ラッキー!


その後 札幌行きに 乗った途端 私もなんども ぐっすり。


到着ギリギリまで 良く寝れた。


ジャスコで 下着なんかを買い込み 夜は 懐かしく 日本食。 なんどが焼いた海老も


最高! しこたま ビールを飲んで 今日は ひとまず お開きでしたが


なんか 長ーい 3日間でした。


これからが 楽しみ。 でも 久々に時差が効いていて なんだか 目が覚めてしまい


更新です。 明日は 歯医者に出かけたり ちょっと 札幌を観光の予定!


天気が良いと 最高なのですが。


 

プロフィール

ゆづなんど

Author:ゆづなんど
ゆづなんどの秘密について
現在 スイス在住
無類のわんこ好き
旦那は ポルトガル人 なんど

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。